おすすめアプリの紹介の方法


 家族全員がiPhoneiPadを持つようになりましたが、スマートフォンとして使いたおしているのは私ぐらい。私以外で上手に使っているのは義父でiPhoneナビゲーションとしてよく使っています。しかも、フリック入力が苦手ということもあり、目的地を音声入力で行っています。嫁さんは、よくiPhoneを手に持っていますが、使っているのはLINEゲーム


App Store

 ということで、新しいアプリを探して使うことなどほとんどなく、ほぼ私が使ってみて皆んなに紹介して、気に入ってもらうとインストールしてあげています。嫁さんとは毎日顔を合わすので、頻繁に紹介できますが、遠くの両親などにはなかなか会うことがないので、おすすめのアプリを紹介することができません。メールで「このアプリが面白いよ」と送っても、App Storeで検索してインストールなんてとてもできないので何か良い方法はないかと思っていました。

 共有ボタンでアプリを紹介 

 アプリの紹介のやり方は、思った以上に簡単でした。

 まず、紹介したいアプリを開きます

 開いた画面の右上にある共有ボタンをタッップします。


 出てきたメニューの中のメッセージまたはメールを選択します。選択するとそれぞれのアプリの送信画面が出てきますので、送り先件名本文に一言入れて送信します。


受け取り側は、メッセージまたはメールを開くと記載されている青い文字のリンクをタップすると、紹介されたアプリがApp Storeで開きます

 あとは、その画面のインストールをタップするとインストールすることができます。


 セキュリティに敏感な両親 

 上記のように機械音痴な両親でも、簡単に目的のアプリをインストールすることができます。しかし、ここからが問題で私の両親はセキュリティに敏感なのです。最近のアプリは、やれ「現在地を取得しますよ」とか「連絡先のデータを取りますよ」とか「Facebook・TwitterなどのIDでログインしろ」とか言ってきます。

 こんなことを言われるとセキュリティに敏感な両親は、どうしていいかわからなくなるようです。

 なので、紹介するアプリはログインしなくても使えるアプリにしておくか、簡単な説明をメールか電話をしておくか、アプリの初回起動時に両親にスピーカで電話をしてもらいながら設定を教えるようにしなければなりません。

 インストールした後が少し面倒ですが、アプリによっては簡単に使えますので、遠くに離れた両親にオススメのアプリを紹介してみてはいかがでしょうか。

#iPhone #便利な使い方 #OS

2回の閲覧