これは便利 通知センターに登録しておきたいアプリたち


 iPhone・iPadを使うとき、通知センターを結構使います。画面の上の方から指をサッと下に滑らすとニュルっと出てくるアレです。ロックを解除することなく、またアプリを起動することなく情報を確認できたり、操作ができるのでとても重宝しています。今日は、私が通知センターに登録して便利に活用しているアプリのご紹介します。

 その前に以前のブログで書いた”カレンダーに1週間分の天気予報を表示する”方法ですが、カレンダーを立ち上げてみるときには予定と天気が一緒に見れて便利なんですが、この通知センターで確認するときには不便です。というのも通知センター内の明日の予定のところに毎日”1件の予定があります”と表示されていて、なんだっけ?とタップしてカレンダーを確認してしまうのです。慣れてしまえばいいのですが、紛らわしいのでカレンダーに天気を表示するのをやめてしまいました。

 それでは、登録してあるアプリの1つ目からご紹介。このアプリも以前のブログに書きましたが”Rainfall Radar”。雨雲の様子を現在から1時間先までを確認できます。”Y!地図”の雨雲レーダーも登録できるのですが画面が小さいので、”Rainfall Radar”を登録しています。

 2つ目は”TuneIn Radio”。これは世界のいろいろなインターネットラジオが聞けるアプリです。作業をしている間は音楽をかけているのですが、そのときに使っているアプリの一つです。通知センターでは今まで聞いたラジオの履歴が4つ表示されるので、ロック解除をすることなくタップするだけでアプリが立ち上がり音楽が聴けます。

 このように、登録すると便利なアプリがたくさんあります。この通知センターで活用するためだけにインストールしたアプリもあるほどです。

 最後に

<登録の方法>

 ●画面の上の方から指をサッと下に滑らし”通知センター”を表示させます。

 ●その通知センターを一番下までスクロールして”編集”をタップ。

  この時に、新しくインストールしたアプリで通知センターに登録できるアプリが新あった場合は、そのアプリの数が表示されます。

 ●出てきたリストの下のグループから緑色の”プラス”をタップ。すると上のグループに入り、通知センターに表示されます。

<表示位置を変える場合>

 ●位置を変えたいアプリの右側にある”3本の横棒”を押したまま表示したい場所に動かします。

<削除の方法>

 ●上のグループ内にある表示したくないアプリの左にある”マイナス”をタップすると下のグループに戻り、通知センターから消えます。


通知センター

#便利な使い方 #iPhone #通知センター #OS

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが