これは便利 Adobe Shape 簡単なイラストの描き方


LINEのスタンプを作ろうと頑張っている私ですが、一向として進んでいません。元の絵は子供に作ってもらっていますので、その絵をみてiPadの”Adobe Illustrator Draw”などを使って書き直しているので上手にいきません。どうしても雰囲気が違ってしまうので、何度も何度も書き直しているので大変です。

 これを簡単に解決してくれるアプリが”Adobe Shape”です。


 このアプリを使うと手書きの絵をiPadに取り込み、”Adobe Illustrator Draw”で色をつけたり編集することができます。

 なので、1から書くことなく取り込んだ絵を修正するだけでいいので、作業の効率アップは間違いないです。 

 <使い方> 

 ”Adobe Shape”アプリを起動し、画面左の”+”をタップするとカメラとカメラロールが選べますので、写真がない場合はカメラ、すでに写真を撮っているのであれば”カメラロール”を選びます。

 取り込みたい写真を選択すると画面に出てくるので、右下の”スライダー”で取り込み範囲を調整します。

 調整が終われば画面右の”丸いボタン”をタップします。

 次に必要のない線を消します(前行程の調整が気に入らない場合は、画面右下の”<”ボタンで戻れ、やり直せます)。画面右にあるボタンを”ー”にし、必要のない線をすべてタップし消します。

 必要な線は、ボタンを”+”にし、線をタップします。

 作業が終わったら画面右の”チェックボタン”をタップします。

 すると、読み込んだ線を滑らかにして完成なので名前をつけて保存。

 手書きの時のグニャグニャの線も滑らかにしてくれるので、絵が上手になった気がします。

 次は、”Adobe Illustrator Draw”で色をつけたり修正をします。


Adobe Illustrator Draw

 ”Adobe Illustrator Draw”を起動し、新しいプロジェクトを選びます。出てきた画面の右上のツールの”シェイプ"内の”マイライプラリ”をタップすると先ほどの絵が出てきます。

 それを選ぶと画面上に配置されますので位置と角度を調整します。位置が決まったら、絵の線上をダブルタップすると線を塗ってくれます。

 あとは、色を塗ったり修正して出来上がり。

 これで、手書きイラストがデータになりましたので、LINEのスタンプやGIFアニメーションなどに使うことができます。

 自分が作った絵がLINEのスタンプになるのを楽しみしている子供たちのために、どんどん作れます。

#iPhone #便利な使い方 #エンターテインメント #お勧めアプリ

8回の閲覧