これは便利 QuickTime iPhoneの画面を録画


 以前、MacのQuickTimeでiPhoneの画面を録画できるという記事を読んだことがあったので、使ってみました。この機能に興味を惹かれたのは、iPhoneの操作を教えるのに使えないかな?と思っていたから。というのも私の親はiPadを持っているのですが、たまに使い方がわからないと連絡が来ることがあります。その時に、電話で”画面の右上の・・・”とか言ってもわからないのです。やはり電話だけで説明するのは難しいです。以前のブログで書いた”TeamViewer”というアプリはインターネット回線を使って離れたパソコンを操作できますが、iPhone・iPadも操作することができます。ただし有料で。ということで説明したい操作をQuickTimeで録画して、それをメールで送ればわかりやすいのではないかと思ったのです。

 ということで早速やってみました。まず、MacとiPhoneをケーブルで接続します。そして、MacのQuickTimeを起動し、メニューのファイルから”新規ムービー収録”を選択するとすると、画面下部に録画用の赤いボタンが出てきます。その赤いボタンの右に下矢印のようなボタンがあるので、それをクリックするとカメラが選択できるので”iPad”を選択。マイクは”内臓マイク”を選択すると話した内容が一緒に録画できますし、ゲームなどを録画するのであれば、”iPad”を選択するとiPadから流れる音が録画されます。あとは、録画用の赤いボタンを押すと録画開始です。今回は操作説明ですので内臓マイクを選択し、説明をしながら操作をし録画しました。

 親の感想としては、操作の方法を動画で見れるのでわかりやすけど、見ながら操作できないので、動画見て・操作して・動画見て・操作してと大変なようでした。2台あれば1台で見て、もう1台を操作するすというのが理想でしょうね。参考までに3分ほどのムービー、ファイルの容量は500MBくらいでした。


QuickTime

#Mac #便利な使い方 #iPhone #OS

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが