これは便利 Safari プライベートブラウズで秘密を守れます


 ブログの更新に頭を悩ます毎日、私のMacはほとんど電源が入っています。それを良いことに私が料理とかで席を外している間に、嫁さんが勝手にMacを使ってSafariでwebを見ているのです。

 別に見られて困ることはしていませんので使っていただいても構わないのですが、先日ブログの更新中にたまたまプライベートブラウズモードになり、「なんだこれ?」となりました。


 iPhoneのSafariにプライベートブラウズモードがあることは知っていましたが、MacのSafariにも同じ機能があることは知りませんでした。

 プライベートブラウズとは、webで見たサイトや検索の履歴を残さずにwebを見ることができます。例えば記念日のプレゼントを探していたり、レストランの検索をしていることを知られることがないので、ビックリさせることができるのです。

 やり方は簡単で、

 Mac Safariの場合 

 メニューのファイルの中にある”新規プライベートウインドウ”を選択。

すると新しくウインドウが開きますので、それ以降そのページで見るwebは履歴に残ることがありません。

 通常の画面との違いは、アドレス欄が黒くなっています。

 プライベートブラウズをやめる時は、ウインドウを閉じればOK

 プライベートブラウズの設定を忘れてしまったという時は、メニューの履歴の中の”履歴を表示”を選択すると今まで見た履歴の一覧が現れますので、その中から選択して消すことができます。

他のブラウザの場合 

 Firefoxは”新規プライベートウインドウ”、Google Chromeは”新規シークレットウインドウ”がメニューのファイルの中にあります。

iPhoneのSafari場合 

 画面右下の”ページ”のアイコンをタップ。

 画面左下の”プライベート”をタップ。

 するとプライベートブラウズの開始画面が現れますので、画面下の”完了”をタップすればプライベートブラウズの開始です。

通常画面との違いは、画面の上下部分が黒くなっています。

 プライベートブラウズをやめる時は、画面右下の”ページ”アイコンをタップし反転表示している”プライベート”をタップすればOK。

 プライベートブラウズの設定を忘れてしまったという時は、画面下の””のアイコンをタップ。

 出てきたウインドウで”履歴”をタップ。

 出てきたウインドウ下の”消去”をタップ。

 出てきたメニュの中から希望のものを選択して消去します。

 また、個別に履歴を消去することもできます。上記の手順で履歴の一覧表示で消去したいページを左にスワイプすると削除とういうボタンが出てくるので、タップすると消すことができます。

 これで、安心してSafariを使うことができますが、プライベートブラウズ中に入力したパスワードなども記憶されませんので気をつけてください。

#Mac #iPhone #便利な使い方

30回の閲覧