たまには見直したい、LINEのプライバシー設定

 私は、ほとんど使わないのですが、日本国内で使っていない人は、いないのではないかと思うLINE。お年寄りの方も使っている人をよく見るので、老若男女に使われていると実感します。



 そんな便利なアプリLINEですが、ただただ連絡などに使っているだけではないでしょうか?アプリケーションのアップデートでプライバシーポリシーが変わっていたりしますが、詳しく読むことなく、使っている方が大半ではないかと思います。

 たまには設定内のプライバシーの設定を確認してみてはいかがでしょうか?

 今回は、私が気になったプライバシー設定をご紹介します。

 まずは、設定の「プライバシー管理」に入ります。


1 アプリからの情報アクセス

  これは、友達が使っているアプリが自分の情報にアクセスさせるかの選択ですので、拒否で良いと思います。


 2 情報の提供    この設定には2項目あります。

 「コミュニケーションの関連情報」は、不正利用の防止などと書いてあるので、オンでも良いかと思いますが、青字の「利用する情報の詳細はこちら」によると、不正行為への対策の分析に使うと言うことなので、オフでも良いのではないでしょうか。

 次の「位置情報の取得を許可」は、オフにしても各機能は使えると書いてあるので、オフで良いでしょう。

 

 以上2点が気になった点です。

 個人の情報が、お金になる時代になって色々とプライバシー問題がさわがれていますが、自分でできる対策は、定期的に見直すようにしないといけませんね。

#iPhone #LINE #べんりな使い方

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが