アクセルペダルだけで減速できるセレナe-POWERは運転が超便利だけど...

最終更新: 2019年7月2日

セレナe-POWERを1カ月前に購入した私のドライビングレビュー。

購入してすぐにプチドライブで80キロほど走りましたが、その後は家と職場の行き帰りだけなので、燃費が全然伸びないので、両親を誘って本格的なドライブに出かけました。

目的は初春なので梅を見に隣の県まで、片道150キロのドライブです。

行きは、ノーマルモードで走行で2キロ燃費を伸ばすことができました。途中の海岸線は、メーターの平均燃費は24キロを出すこともありましたので、今後に期待が持てます。



追突が気になるe-POWER

帰りは、燃費が伸びるのではないかと、ドライブモードをスマートにして走ってみましたが、アクセルペダルだけで走れるので、超便利です。特に渋滞時などアクセルペダルを離すだけでセレナは止まってくれます。燃費向上のためではなく、渋滞対策として使いたいくらいです。

しかし、ブレーキを踏まずに減速するのでブレーキランプが付いてないのではないかと心配になります。取説によると、減速度合いによりブレーキランプは点灯するように書いてあります。ということは、度合いによってはブレーキランプは点灯しないことになります。そうなると、後ろのドライバーのブレーキが少し遅れるのではないかと心配になってしまいます。


他の車に乗れない

超便利なセレナe-POWERに乗り慣れてしまうと他の車に乗らなくなるのではないかとさえ思ってしまう。

あの便利なアクセルペダルを話すだけで減速してくれる運転に慣れてしまうと、他の車に乗った時にアクセルペダルを話しても減速が始まらず焦ってブレーキを踏むなんてことが起きるのではないかと心配になってしまいます。


全体的には、気に入っているので売れているのも頷ける車です。


#セレナ

36回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが