トライアル期間が終わり、現在のミュージックアプリは?


 この夏は、iTunesLINEAWAとビックタイトルの音楽アプリが次々とリリースされ、しかもそれぞれが、長期間の無料期間を設定してくれたおかげで、ミュージックライフには事欠くことがありませんでした。


iTunes

 これらのアプリは、いろいろなプレイリストが用意されていたので、今まで知らなかった音楽にも出会うことができて楽しい毎日でした。しかし、その楽しい毎日も終わりが来てしまい、今はRadikoの”ラジオNIKKEI第2RN2”かTuneIn Radioでいろいろな放送局をザッピングしています。

 しかし、これらのアプリはラジオなので、一方的に音楽をかけているだけなので、その時の気分に合う音楽を選ぶことができないので、いまひとつだなと思っていました。こんなことなら、どれか1つ有料で契約しようかと思いましたが、節約が趣味な嫁さんに相談する勇気はありませんでした。

 便利なアプリだが著作権は? 

 そんなある日、いつものごとくApp Storeを見ていると”orzMusic--自由に音楽聴き放題!-Music連続再生!”というアプリが総合の1位にランクされているのに気がつきました。どうせ、YouTubeの動画が見れるだけだろうと思いましたが、説明を読んでみるとそうではないようです。

 よくあるYouTubeの動画が見られるミュージックアプリは、音楽をかけてみるとプレイ時間が短いことがよくあるので好きではありません。

 しかし、このアプリは曲がまるまる1曲聴くことができます。また、検索をすることができ、好きなアーティストや曲を検索して聴くことができますし、色々なランキング新譜の曲やアルバムを選んで聴くことができます。使い方も簡単で、収録されている曲も新しいものから古いフォークソングまでたくさん用意されているので良さそうです。

 気に入っている曲が聴けるのはいいのですが、著作権のことが気になります。以前にも似たようなアプリがありましたが、現在はApp Storeから消えています。これらのアプリも著作権の問題があってApp Storeから削除されたのではないでしょうか。

 違法なアップロードはいけません! 

 最近よく違法アップロードという言葉を見聞きます。音楽に限らず、テレビ・映画と違法なものがたくさんweb上にはありますが、アーティストたちが作品を作った話などを聞くと、きちんと対価を支払うべきと感じてしまいます。

 私も素晴らしいアーティスト達に引き続き素晴らしい作品を作ってもらえるように、勇気を持ってiTunesの契約を嫁さんに提案してみようと思います。

#iPhone #ミュージック

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが