ドットピクト! 新しいお絵描きアプリ


 以前もブログに書きましたが、我が家の子供はよく絵を描きます。ゲームは買いませんし、iPadも1日使える時間を10分・2回と決めているのでやることがないのでしょう。

 裏紙に色エンピンツを使って描いているのですが、好きな色はすぐになくなってしまうので、いつも色エンピンツを欲しがります。次の誕生日には色数の多い色エンピンツが欲しいそうです。

 しかし、買ってやったところですぐに好きな色は無くなるので、iPadで絵を描けば色は無くならないし、無限に色を使うことができるのでピッタリだと思うのです。なので、いろいろなアプリをインストールしては使ってみるのですが、どれもピッタリ来ないようです。

 問題は2つあるようで、1つ目は画面が小さい。これは、噂の大画面iPadが出るのを期待して待つしかありません。2つ目は描きにくい。スタイラスペンを使って絵を描くのが、紙に描くのと勝手が違うので上手に描けないようです。これは、Bluetoothで繋がるペンを買うことで解消できそうなので、大蔵省に申請を上げてみましょう。

 新感覚お絵描きアプリ 

 前置きが長くなりましたが、見つけたアプリが”ドットピクト!かんたんドット絵アプリ”。

 このアプリは、ひと昔前のファミコンのようなガタガタした絵しか描けませんが、ドットを塗りつぶすペン先を動かすのにパソコンのマウスのように離れたところからペン先を操作できます。

 キャンパスサイズも64x64まで選択できるので、結構細かい絵が描けますが根気が必要です。

 新しく描き始める時にキャンパスサイズとパレットを選択するのですが、一度決めると途中でパレットを変えることができないので慎重に選ばないといけません。まだ、パレット数は少ないですが今後増えることに期待しましょう。あと、iPadでも使えるのですが描いている途中にiPadを縦もしくは横に回転すると、描いている絵がおかしくなりますのでiPadは縦で使いましょう。


 機能豊富なアプリ! 

 もう少し高機能なアプリが欲しい方は、”ドット絵エディタ-Dottable”。

 こちらは、キャンパスサイズが120x120まで作成可能です。さすがにここまで小さいドットで描くのは大変そうですが大作が作れそうです。

 色も自由につくれ20色まで登録することができますし、スポイト機能もありますので作った色の再現も簡単です。また、レイヤーの追加・複製までできますので、ドローアプリで使う基本機能は一通り揃っています。違うのは線ではなくドットで描くことぐらいでしょう。


 先日のGIFアニメーションを作る時に思ったのですが、次のコマの絵を描くのが違う絵(キャラ)になってしまって難しいなと思っていましたので、絵心がない私にはドット絵の方がGIFアニメーションをつくるのには向いているのかもしれないです。

 これでうまくいけば、この方法でLINEスタンプをつくろうかな?。

#iPhone #お勧めアプリ #エンターテインメント

28回の閲覧

最新記事

すべて表示