バッテリーが急激に減る

これは、先日私の身に起こった出来事です。

通勤時にApple Musicで音楽を45分聴きながら出勤してみると、なにやらiPhoneがいつも以上にあったかい。しかも普段ならほとんど減らないバッテリーが半分に。

これはどうしたことかと思い、とりあえず職場で充電をすることでその場はやり過ごしました。


帰宅後、iPhoneを使っているとバッテリーの残量表示が1分に1%の勢いで減っていきます。私のiPhone6Plusは買ってから1年8ヶ月、今流行りのバッテリー交換をしないといけないかと思いましたが、バッテリーのメモリー効果ではないかと思い、そのまま充電することなく使いつづけました。十数分でバッテリー残量は1%に。しかし、なかなか電源が落ちません。バッテリーの消費容量が大きいゲームをやりつづけても落ちません。ついに、寝ながらYoutubeを見ながら寝落ちしてしまいました。


朝になってみると、流石にバッテリーは切れていて電源が入らない状態に。それから満充電をして、色々と使ってみると元通りになりました。

皆さんもたまには、バッテリー使い切ってみるのもいいかもしれません。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが