パソコン版Googleフォト Googleドライブに統合されて改悪に


 Macで快適に使っていたGoogleフォトがGoogleドライブに統合した途端に使いづらくなってしまいました。

 新しくなったアプリをダウンロードして写真のバックアップを開始したところ、再度アップロードしているのか、はじめの処理が終わるのに数日かかってしました。これには、我が家の回線がADSLということが大きく関係していることと思われますが。

 全てのアップロードが終わった際に、4,000枚ものファイルがアップロードできませんでしたとメッセージが出てびっくりしましたが、確認してみると写真のファイルではなく、何やら写真アプリケーションが作っているファイルだったので一安心でした。

 しかし、Googleのバックアップアプリを起動するたびに、この4,000枚ものファイルをアップロードするようで、私の古いMacBook Proではなんだか動きが重くなるような気がするので、この時間がとても邪魔に感じます。


 アプリの性質上終了することはないので、再起動した後だけ発生する現象ですので我慢できそうですが、アプリを終了しなくても、先ほどの4,000枚のファイルの一部は作り直されるのか、定期的に再度アップロードしようとしている様です。

 ということで、今はこのアプリを使わずに、写真のアップロードはSafariからGoogleフォトのページを開き、そこから写真をアップロードすることにしています。こうすることで、写真だけをアップロードするので作業時間は短時間ですみます。

 Googleのヘルプページで見てみると、色々と不具合が出ている様なので、この現象も改善されることと願いながら、今後は様子を見ていきます。

 悪いことばかり書いてしましたが、良くなっている点もあります。今まではムービーは撮った時間がずれてしまい、写真の並びが変になっていましたが、これが改善されていて、きちんと撮った順に並ぶ様になっています。

 ローカルストレージの容量確保とバックアップによる安心感が無料で得られる素晴らしいアプリケーション、早く使いやすくなってほしいものです。

#Mac #写真ビデオ #お勧めアプリ #便利な使い方

131回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが