フィッシング対策 簡単に見分ける方法

 「アップルからこんなメールが届いたのですが、本物ですか?」と聞かれることがよくあります。中には、まんまと騙されてクレジットカードの番号まで入力してしまい、クレジットカードを使われてしまった人もいます。


 どうすれば見分けられすか?

 あるサイトには、”サイトの電子証明書の確認をする”と書かれているページがあったり、送信元のメールアドレスを確認する方法というのも見かけます。

 電子証明書の確認は難しそうに感じます。メールアドレスの確認も、いかにも偽物っぽい長いメールアドレスなら判るかもしれませんが、似たようなメールアドレスだと判別しにくいことも有ります。現に、アップルから来るメールアドレスも1つだけではないのですから。


 簡単に見分ける方法

 では、どうすれば簡単に見分けられるかというと、わざと間違えるのです(用心するなら2・3回)。

 フィッシングサイトの目的は、あなたのIDとパスワードなどが欲しいのです。言い換えれば、あなたのIDとパスワードは知らないのです。

 なので、わざと間違えたIDとパスワードを入力してもログインすることができるのです。

 もし、正しいサイトなら、IDもしくはパスワードが違う旨のメッセージを表示する筈です。


 どうでしょう、これなら難しいことを知らなくても、簡単にフィッシングサイトを見分けることが出来ます。

 メールに書いてあるURLからログインするときは、適当なIDとパスワードを入力してみることを習慣にしてみてはいかかでしょうか?


 しかし、1番良いのはメール書かれたURLを信用するのではなく、面倒でも自分でSafariなどで調べるのが賢明です。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが