カレンダーは共有より参照

最終更新: 2018年12月8日


 サービス業で働いていると、毎日土日が休みというわけにはいきません。休みが不定期なので、仕事のスケジュールを家族とiPhone標準のカレンダーアプリで共有しています。

 しかし、この共有機能を使っていると、予定を入れたり・変更すると、その都度共有相手にお知らせが入ってしまいます。変更があったことをお知らせしたい相手ならいいのですが、そう出ないのなら相手に迷惑がかかります。

 共有より参照で 

 そんなときは、共有より参照で予定を知らせれば、いちいち相手にお知らせが行くことはありません。

 その方法は、参照したいカレンダー選び、下の方にある”公開カレンダー”をオンにします。


 次にその下の”リンクを共有...”をタップします。リンク先を送る画面になるので、相手を選択して終わりです。


 これで、予定を入れても、変更しても相手にお知らせが入ることはないので、気にせず使うことができます。

#iPhone #Mac #OS #便利な使い方

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが