今一度セキュリティのチェックを!!

 最近Apple IDを乗っ取られたという話をよく耳にします。

 話をよく聞いてみると佐川急便や楽天・Amazonなどの偽メッセージを開き、IDやパスワードを入力してしまっているようです。

 もし、乗っ取られたという人は、アップルのサポートページに対処方法がありますので、そちらを確認してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT204145


ちゃんと覚えている人が危ない!

 この詐欺は、自分のApple IDやパスワードを覚えている人が引っ掛かるようです。

 よくあるApple IDのパスワードを忘れてしまったという人は、引っかからない詐欺なのです。なぜなら、パスワードを忘れてしまっているので、適当なパスワードを入力してしまって、IDとパスワードを盗まれてもパスワードが間違っているので、詐欺グループにとっても入手しても役に立たないものです。


どうすれば引っかからずに済むのか?

 詐欺メッセージだと気が付かずに入力したとして、詐欺グループは入手したIDとパスワードを使って、Apple IDの管理画面に入り、パスワードを変えたりするようです。

 しかしここで、2ファクタ認証をONにしていれば、詐欺グループがサインインしようとしても、本人のiPhoneに「誰かがサインインしようとしていますよ」と教えてくれます。

 詐欺グループは、この6桁の番号を入手することができないので、Apple IDの管理画面に入ることができないという訳です。


2ファクタの確認方法

 どうも、この2ファクタ認証の設定がONになっているない人が、この詐欺にかかっているようです。

 この時期に今一度、iPhoneの設定を確認してみましょう。


<設定→自分の名前→パスワードとセキュリティ→2ファクタ認証>


 最後に、アップルのデバイスを他にも持っている人は大丈夫ですが、iPhoneを1台しか持っていないという人は、信頼できる電話番号というのを登録しておくと、いざという時に役に立ちますので登録しておきましょう。

 しかし、この電話番号は他のApple IDに紐付いているものはダメです。ですので、家族にAndroid携帯を使っている人の電話番号か、家の電話番号でないといけないので、少しハードルが高いものですが、これらの電話番号が使える人は、是非登録しておきましょう。


#iPhone #セキュリティ #2ファクタ #べんりな使い方

4回の閲覧