動画編集アプリ(iMovie・Film Story・VivaVideo)レビュー


 昨日11月11日は、姪っ子の誕生日でしたので、おめでとうメールを送ることとしました。先月の10月には、我が家の長女の誕生日にお祝いの言葉をビデオでもらいましたので、そのお返しとして我が家もビデオで送ろうということとなりました。

 11月11日といえばポッキーの日ということで、YouTubeにはたくさんのシェアハピダンスの動画がアップロードされていたので、我が家の子役に頑張ってもらって、踊っている動画を送ろうということとなりました。

 さすがに現代っ子。10分ほどでダンスを何とか踊れるようになりました。デジタルカメラで無事撮影することができ、ここからはお父さんの出番で動画編集に取り組むこととしました。

 アプリの選定 

 以前、嫁さんのママ友がiPhoneで子供のビデオを編集して楽しんでいると聞いていたので、私もやってみようと探してみることに。App Storeのカテゴリーをビデオで探してみるとFilm Storyというアプリが上位に出てきます。もう少し下の方にはVivaVideoというアプリもありますので、この2つのアプリとAppleのiMovieを使い比べてみることとしました。

 iMovieレビュー 

 マック版とは全然違う操作性とダウンロードサイズに似合わない機能の少なさ。

<良い点>

 動画作成のための時間制限がない

 Apple製品なので、他のアプリのように広告やビデオにアプリ名入らない


iMovie

<悪い点>

 アプリサイズが750MBと大きい。

 エディタの種類が少なくテキスト挿入は9種類、それぞれにフォントとサイズが割り当ててあり、変更することができない。


iMovie

 Film Storyレビュー 

 直感で操作ができるわかりやすい設計、無料版では動画の書き出しに時間制限があるのが残念。

<良い点>

サクサクと動く軽快な操作感

 テキスト挿入時に色々なフォントが選べる。


Film Story

 ムービー作成時の豊富な設定項目。


Film Story

<悪い点>

 データ書き出し時に30秒の時間制限がある。(Pro版購入で解除)

 書き出したビデオにアプリ名が入る。


Film Story

オーディオを入れることはできるが、細かい設定ができない


Film Story

 VivaVideoレビュー 

 豊富なエディタが特徴のアプリ。時々重たくなるのがタマニキズ

<良い点>

 豊富なエディタの種類 


VivaVideo

<悪い点>

 古い機種では、少し重たい。

 Q&Aが英語のみ。

 書き出したビデオにアプリ名が入る。


VivaVideo

 iPadでも使えるが画面は縦のみで、テキスト入力時のキーボードもiPhoneのものだけ。


VivaVideo

 オススメは? 

 今回のレビューから私のお勧めは、VivaVideoです。


VivaVideo

 やはり、豊富なエディタは編集には必要ですね。また、致命的に悪い点もないのがお勧めの理由です。

 行楽の秋で撮りためた写真やムービーを編集してみてはいかがですか。

#iPhone #お勧めアプリ #写真ビデオ

78回の閲覧