娘と一緒にいられるのは、あと何日?


先日、同僚の息子さんが県外の大学に行くという話を聞いて、ふと思った。

あと何日娘といられるのだろうか?

私には、中学2年生の娘がいる。幸せなことに、まだ親父を嫌うことなく接してくれている。

しかし、中学校に入って卓球部に入ったため、朝早くから日々練習に励んでいる。土曜日などは、遠征などで1日中家にいない事もある。

また、日曜日は友達と遊びに出るようになってきた。

こんな状況であと何日いられるのか考えてみた。

先ほども書いたが、部活に出かけるため娘は早くから家を出て行く。夕方も部活が終わってから帰ってくるので、帰りが遅い。

また、小学校の時に比べて宿題や勉強に割く時間が多くなっている。

このことから、娘と一緒にいられる時間は、朝・夜ともに1時間くらいなので、あわせて1日、2時間くらいなのである。

私の仕事は、サービス業のため土日は仕事のことが多い。よって、土日だからといって一緒にいられる時間が増えることはないので、

1日2時間、1月60時間、1年720時間である。

先述の同僚と同じく、大学で県外に出るとしたら、あと5年なので、3,600時間。

結構な時間に感じるが、1日に換算すると

3600時間÷24時間=150日。

あと半年しかないのである。 

意外と短いこの時間を大切にしないと、あっと言う間に過ぎてしまいうに違いないのだから。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが