宝くじのネット販売は嬉しいが、登録はハードルが高い

 年末といえば「年末ジャンボ宝くじ」というほどではないですが、一瞬ですが夢を見ることが出来るので、毎年買っています。

 と言っても宝くじ購入歴は、まだ2年の私です。以前は、当たるはずないと思い買っていませんでしたが、「買わないと当たらない」という言葉に背中を押され、ジャンボ宝くじを毎回買うようになりました。今までの当選結果は、3000円が一回当たっただけ、やはり当選は難しいですね。

 宝くじは、宝くじ売り場で買わなけれなならないので、買いに行くのがめんどうで、また当たった300円を買いに行くのはもっと面倒でした。

そんな宝くじがネットで買えるようになったのは嬉しいことです。また、購入にクレジットカードを使うということで、カードによっては使うことによって特典があることもあるので、ダブルでお得です。

 ということで早速ネット登録してみました。登録自体は普通の会員登録と変わりませんが、クレジットカードの登録には3Dセキュアという本人認証サービス対応のものでないと登録できません。この3DセキュアというのはiPhoneの2ファクター認証のようなもので、クレジットカードで購入するときに、任意の数字を送ってきて、その数字を入力することで購入が完了するというものです。お手元のクレジットカードが3Dセキュアに対応しているかは自分で確かめ、対応していれば3Dセキュアの設定を行わなければなりません。

 次に受け取り口座も登録しなければなりません。これで、わざわざ当選金を取りに行かなくてもよくなるのですが、この口座は地銀では登録することができません。もしこれらの口座を持っていなければ登録すらできないのです。


 このクレジットカードと銀行口座の2つがネックとなり登録する人少ないのではないかと思ってしまいましたが、ネットで購入すればポイントがもらえるようになり、その貯まったポイントで宝くじを買えるようにもなるので、頑張って登録してみる価値はありそうです。

50回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが