星座表 星空を手の中に


 先週は惑星探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近をし、高精細な画像を送ってきて素晴らしい冥王星の姿を見せてくれました。今後もNASAが綺麗な写真を見せてくれることでしょう。

 8月13日には3大流星群の1つペルセウス流星群が見られるようで、当分の間は天体ショーが楽しめます。以前ラジオで聞いて知ったのですが、流星群というのは地球に流星群が来るのではなく星々の中を地球が通り過ぎることで流れ星が見られるとのことです。これを聞いたときは地動説と天動説のことを思い、地球中心に考えていたことに笑ってしまいました。

 この惑星探査機ニューホライズンズに合わせてか、太陽系の大きさがわかる”もし、月の大きさを1ピクセルで表すと?”というHPが公開されています。このページを見ると太陽の大きさと太陽系の広大さが実感できますのでぜひ訪れてみてください。ですが、あまりに宇宙が広すぎるのと星の小ささに、勢い良くスクロールしていると見逃してしまいますので、注意して進んでください。

 これらの天体の素晴らしさをiPhoneでも楽しむことができます。そのアプリが”星座表”。

 小学高学年になると星座の勉強もしているようで、興味のあるお子さんもおられると思いますので、綺麗な夜空の日にはiPhoneをもってベランダなど外へでて見られてはいかがでしょう。

 このアプリは、難しい設定など必要なくiPhoneに入っているGPSとコンパスを利用し位置を計測して来れますので、iPhoneを空に向けるだけで今見えている星座を綺麗なグラフィックと一緒に教えてくれます。また、その中の星をタップすると、その星までの距離や大きさなどの詳しい情報までも見ることができます。

 このアプリは、星座だけでなく太陽系の惑星のことも教えてくれます。惑星は綺麗なムービーでも見せてくれ、木星のように衛星があれば木製の周りを回っている映像や情報も見ることができ、その映像はまるでSF映画の1シーンのようです。この衛星の情報欄には、惑星との距離という項目があり、常にこの数値が動いているので、今この瞬間も衛星が惑星の周りを回っているのだということが実感できます。

 また、カレンダー機能では、今日以降の天体ショーの情報を一覧で見ることができます。8月13日のペルセウス流星群から満月・新月も載っています。

 梅雨明けもし寝苦しい熱帯夜などは、空の星を眺めて想いを馳せてみてはいかが?


星座表

#iPhone #お勧めアプリ #エンターテインメント #教育

1回の閲覧

最新記事

すべて表示