第1回 てのひらワンコ デジタルペット飼いはじめました


 どこの子供同じでしょうが、小さい子供はペットをすぐ欲しがります。

 世話をするのは初めでだけで、最後には親が面倒を見る羽目になることは目に見えているので、デジタルペットで我慢してもらうこととしました。

 そこで、始めたのはiPhoneアプリの”てのひらワンコ”。

 昔、姉君がプレイしていましたが、今回は、弟君がプレイです。


てのひらワンコ

 初めのペットはハスキー 

 プレイ始めると初めのペットを選びますが、選んだ犬はハスキー犬のオスで、性格は”ようき”、「歩く姿勢はとても優雅。友達作りが好きで、ほのワンコにとても友好的です」と説明書きに書かれています。

 そして、この初めてのペットの名前をポチと名付けました。


てのひらワンコ

 早くも2匹目 

 プレイしていると散歩に行ったり、公園で遊んだりすることができますが、公園で遊んでいるとカードをもらったようです。

 そのカードを開いてみると、もう1匹子犬がもらえたようです。もらえた子犬は、ハスキーの男の子。そう、1匹目とまったく同じです。せめて性別だけでも違っていればよかったのにと思います。

 しかし、性格は違うようで、”わんぱく”、「冒険好きでやる気旺盛。日への関心が高く、好奇心が強いです」とあり、性格は違うようです。


てのひらワンコ

 今のところは、ポチと変わらない行動をしていますが、大きくなるとだんだんとワンパクになっていくのでしょうか?

 今日のポチ 


てのひらワンコ

 今日のクロ 


てのひらワンコ

#iPhone #お勧めゲーム #シミュレーション #てのひらワンコ

120回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが