Apple Design Awards 発表


 先日のWWDC2015の話題で、もちきりのここ数日でしたが、その中で”Apple Design Awards”の発表がありました。これは、優れたアプリを発表するもので、iPhoneのApp storeやMacのiTunesの中でも紹介をされています。

 その発表されたアプリのなかで、無料のゲームをやってみました。

 と、その前にAppleのホームページにもありますが、このWWDC2015のビデオご覧になられたでしょうか?。ご覧になられていないようでしたら、冒頭部分のビデオだけでも一度ご覧ください。当然英語ですが、コメディータッチで面白いですよ。

​​

 <Vainglory>


Vainglory

 マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)というジャンルのゲームです。こういう呼び方があるというのは知らなかったのですが、ひと昔前にTVなどで聞いたネットワーク上の人と協力したり戦ったりするようです。

 ゲーム内容は敵のクリスタルペインという構造物を壊せば勝利というものです。

 ゲームを立ち上げ、プレイを選択すると、始め方というチュートリアルができるので、ここで遊び方を学べます。また、初めの画面にアカデミーという項目あります。こちらは動画でゲームの説明を見ることができます。ただ、90秒くらいのビデオですが、結構なデータ量なのかバッファーに時間がかかりました。

 ゲームはタップで操作でき、店で武具防具などを買い揃えながら敵を倒したり敵のクリスタルペインを壊していきます。まだまだ、やり始めたばかりですが途中で死んでしまってもクリスタルペインを壊されない限り、またスタート地点から始められますので時間をかければ勝てます。まるで雪合戦のようなゲームです。

 ヒーローと言われるキャラクターたちが、このゲームの独特な雰囲気を醸し出していますが、なんといってもBGMが素晴らしいです。是非ともイヤフォンでゲームをされることをお勧めします。

<Does not Commute>


Dies not commute

 このゲームはドライビングゲームです。レースゲームなどをいろいろやってきましたが、これはまた新しいゲームです。

 ゲーム内容は、街のなかを指定されたゴール地点に制限時間内に行くというゲームです。レースゲームのチュートリアルなどでよくある、カーブを曲がった先まで○○秒でゴールしろというようなゲームです。

 乗用車・バス・オートバイなどを操り、数ブロック先まで運転するのですがビルなどにぶつかったり、街中を走っている他の車と衝突すると煙を出しながらヨロヨロと走るところが面白いです。

 初めのうちは、秒数もたくさんあるのでゴールできますが、やっていると短時間になってくるのでゴールしにくくなります。

 淡い色使いで、まるで映画のバックトゥーザフューチャーで主人公が過去に行った時の街並のようです。

<クロッシーロード>


クロッシーロード

 鶏が車が行き交う車道を渡りきるという単純なゲーム。上の2つのゲームと違い、出てくるものがすべてカクカクしていて昔のファミコンを思わせます。

 ゲームを進めていくと鶏以外にいろいろなキャラクターが出てきます。詳しく書くとプレイする時の楽しみが減るのでこれくらいに。なんとも単純で、それでいて楽しいゲーム。入れておいて損のないゲームです。


WWC2015

#iPhone #お勧めゲーム #ファミリー

2回の閲覧