Apple Watchの便利な機能


 Apple Watchは本当に便利だなぁとつくづく感じています。

 Apple Watchシリーズ4になって価格が高くなったのが残念ですが、CPUが早くなっているのが実感できるほど、すべての動きが引っかかることなくスムーズに動くところを見ると買い替えたくなります。

 Apple Watchには、便利な機能がたくさんありますが、先日見つけた便利な機能をご紹介します。

 それは、お天気アプリです。しかも、標準のアプリのお天気アプリ。iPhoneの方では、この標準のアプリは予報の精度良くないということで、他のお天気アプリをインストールしてい方も多いと思います。そういう私もiPhone標準アプリ以外のアプリをインストールしています。

 過去のブログでも何度も書きましたが、天気アプリの中で一番のお気に入りアプリは、Yahoo!天気。と言っても、このYahoo!天気の予報の精度が高いというわけではありません。標準のお天気アプリの方が当たっている場合もたくさんあります。どちらにせよ、あくまでも予報なのでそこは割り切って。

 では、なぜYahoo!天気が一番のお気に入りかというと、このアプリを使っているユーザーが、今の天気を投稿できるというところが気に入っている点です。予報ではなく、実際の天気なので間違いありません。

 しかし、今自分がいる天気がわかっても仕方ないので、表示する地点を自分が住んでいる地点の他に西の方の地点を登録しておくと、今後の雨の予測がしやすくなります。お使いになられている方は、ぜひ自分が住んでいる場所より西の地点をもう一つ登録してみてください。

 さて、前置きが長くなりましたが、本題のApple Watchのお天気アプリの話戻りましょう。先日、Apple Watchの標準のお天気アプリを開いてみると、今までと少し変わった表示をしていました。その時は、仕事中だった事もあり、気にすることなく終わりましたが、帰ってから色々とつついてみるとビックリ。標準のお天気アプリの画面をタップするごとに表示が変わっていくのでした。




 天気予報だけかと思っていたのが、タップするごとに降水確率、気温と変わっていくのでした。これは便利なので、Apple Watchを使っている方は、是非と一度標準のお天気アプリをタップしてみてください。便利ですよ。

#iPhone #お勧めアプリ #天気予報 #便利な使い方

15回の閲覧