GIF Maker GIFアニメーションの作り方


 LINEのスタンプを作るために、ゆっくりですが子供がいろんなデザインを描いています。その中で簡単で出来の良いものを1つピックアップしてGIFアニメーションを作ってみましたのでご紹介。

 web上でGIFアニメーションを作成してくれるページなどもありますが、今回は手軽にiPhoneで作る方法です。

 まず、子供がスタンプ用に書いた絵を取り込むのに”Adobe Shape CC”を使いましたが、微調整をするのに手間がかかりそうだったので今回はパス。

 簡単な絵なので書き直した方が早いというので、最初に思いついたアプリは以前ご紹介した”パラパラ漫画アニメーター無料版”。


パラパラ漫画アニメーター

 これなら簡単に作れるだろうと思ったのですが、他の絵を描くソフトで出来る拡大表示ができないので描くのが難しいということになりました。

 そこで次に思いついたのは、このブログでも時々入れる、ヘタな挿絵を描くのに使っている”Adobe Illustrator Draw”。


Adobe Illustrator Draw

 これは、パラパラ漫画を作るためのアプリではなく絵を描くアプリです。このアプリでGIFアニメーションを作るのに使った機能がレイヤー。1つのレイヤーに一コマ描いて、次のコマはレイヤーを追加して描いていきます。

 描き終わったら最初のコマのレイヤーを1つだけ表示し、その他のレイヤーは各レイヤーの左にある瞳のアイコンを押して消しておき、その絵をカメラロールに保存します。

 あとは、次のコマのレイヤーだけを表示し、その他のレイヤーは消してカメラロールに保存を繰り返します。

 次にいよいよGIFアニメーションを作ります。使ったアプリは、”GIF Maker”。

 立ち上げるとメニューが出てきますので、”GIFアニメ”をタップ。

 カメロール内の写真が出てくるので、使う写真を順番に選択して右上の”人マーク”をタップ。

 するとアニメーションが出来上がるので、画面下の”編集GIF”をタップして時間の調整をします。

 調整が出来上がると画面右上の”セ...〉”を押すと完成(保存)です。

  iPhoneだけで簡単に作ることができます。

 出来上がったデータは、カメラロール内に保存されますので、必要なくなったデータはこのアプリからではなく、カメラールから消去すれば消えます。

 また、MacでGIFアニメーションを作る場合は、”PicGIF Lite”でできます。


PicGIF Lite

 使い方は、”GIF Maker”と同じように保存した写真を取り込み、時間の調整などして右上の保存を押せばGIFアニメーションの出来上がりです。

 簡単にできますので、皆さんも挑戦してみられてはいかがですか。大事なのは、このブログと同じでアイディアとコンテンツですね。


GIF Maker

#Mac #iPhone #お勧めアプリ #便利な使い方 #エンターテインメント

17回の閲覧

最新記事

すべて表示