Googleアドセンス 申請奮闘記3


 引き続き頑張っています。昨日は、全てのブログを見直し文字数の少ない記事を下書きへ移し、文字数の多いブログだけで再挑戦することにしました。

 webによく載っている情報は、「文字数を1,000文字以上にする」とよく書いてあります。「500文字以上でも大丈夫、肝心なのは中身」という情報もありましたが、全てのブログを書き直すわけにもいかないので、今までのブログで文字数が700文字以下のブログを下書きに移しました。

 苦労して書いたブログを下書きに移すのは、大変残念な気持ちでしたが仕方ありません。今までのブログが150以上ありましたが、日記のブログを68削除。文字数が少ないブログを58下書きに移しましたので、53のブログが残りました

 さらに、残ったブログの中の文字数が少ないブログで文字数を増やし、できるだけ1000文字に近ずけていきました。といっても数十文字ですが。それから、残ったブログから説明用に載せていたiPhoneの画面写真も全て取り除きました。なので、そっけなく見にくいブログとなってしまいた。

 これで、審査が通れば良いのですが。もしGoogleアドセンスをやろうと思われている方は、早めに申請を始められた方が良いよでしょう。私のように200以上のブログを作ってからGoogleアドセンスの審査通過のための作業をすると、ブログ数が多いと手間がかかってしまいます

 結果を楽しみに再申請を行いましたが、結果は”不十分なコンテンツとナビゲーションが悪い”という今までと全く同じ不合格のメールが1時間ほどできました。あまりにも早い返信に相当ダメなのかと意気消沈です。

 苦労して書いたブログや考えに考えて入れた写真を消してまで挑んだ今回の取り組みは失敗に終わりました。だからと言って元に戻すことはもう出来ないのですが。あとで気がついたのですが、ブログをコピーしておいて申請用に修正したブログをアップすれば、元に戻すことができたのだと気付いた時にはすでに作業が終わったあとでした。それも審査を通過すれば報われたのでしょうが、不合格となっては、目も当てられません。削除していったブログたちのためにも審査通過のために頑張ります。

 まずはナビゲーションが悪いという件は難しそうなので後回しにして、とりあえず不十分なコンテンツ対策として、基準をもう一段階あげて1000文字以上のブログに絞り再申請をしていこうと思います。

 結果は、またこのブログでご連絡します。

#Googleアドセンス

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが