Googleアドセンス 申請奮闘記6


 Googleアドセンスの審査に通るため、日々色々とwebで情報集めをしています。それと同時にGoogleのアナリティクスとSearch Consoleで日々セッションなどの情報を見ています。そのConsole Searchで設定が悪くずっとデータが表示されていない項目が表示されるようになりました。1時審査のクローラーでの審査で落ちているので、このデータが表示されるようになったということはもしかしてと思い、早速駄目元で再審査のリクエストを行いました。

 結果は、やはり否認。「不十分なコンテンツ」と「サイト内のナビゲーションが困難」といつもの2つの却下理由。他のブログでも書きましたが、LINEスタンプの否認メールのように個別に詳細な理由をつけて教えてくれれば、こんなにも苦労をすることはないのにと否認メールを受けるたびに思います。

 さて、冒頭で書きました”設定が悪く表示されなかった項目が表示されるようになった項目”というのは、Google Search Consoleの検索アナリティクスの項目でした。今までは、「該当するデータがありません」といわれるばかりで、ずっと”0”のままでした。もともとはドメイン接続をしていなかったからか表示されていませんでしたが、ドメイン接続をして3週間近くたってもずっと0のままだったので、よっぽど見られていないのだなと思っていました。


 しかし、グーグルアナリティクスをみるとOrganic Search項目のセッションもあるのになぜだろうと思っていました。


 そこで、もう一度Google Search Consoleの設定を見直してみることに。するとウエブサイトの登録が3つしかありません。もともとの"appleams.wix.com/main"と"www.appleams.wix.com/main"。それとドメイン接続してからの"appleams.com"でした。そうです、ドメイン接続後の登録に"www.appleams.com"を追加するのを忘れていたのでした。しかし、それだけだったら良いのですが、ドメイン接続の際のURLがこの”www.appleams.com”になっていたのでした。この肝心なURLの登録を忘れていたのが原因だったのかGoogle Search Consoleに登録して4日ほどで検索アナリティクスのデータが表示されるようになりました。


 それと同時にサーバーエラーも表示されるようになりました。これは、Googleアドセンスの審査通過のために削除したページやブログなどでページがありませんというエラーでしたので、きちんと私のHPをクロールしてくれているのだと思い、Googleアナリティクスの再審査のリクエストをしたのでした。残念ながら通りませんでしたが。

 このように、設定を見直しましたがまだデータがない項目があります。それは、”コンテンツキーワード”と”インデックス ステータス”。素人考えですが、言葉のニュアンス的に大事なデータと思われますので、次はこの項目について調べていってGoogleアドセンスの資格取得に励みたいと思います。

#Googleアドセンス

0回の閲覧