Googleアドセンス 申請奮闘記8


 Google アドセンスの2次審査の結果を首を長くして、じっと待っていますと前回のブログを終わり1ヶ月以上が経ちました。相変わらず、このブログを書いているということは、依然審査には通過していません。いくらじっと待っていますと言っても1ヶ月は長すぎます。というか短期の私が1ヶ月もよく待ったと、自分で自分を褒めてあげたいくらいです。

 途中、ブログの更新をやめてしまおうかと思いましたが、いつも中途半端で終わってしまうので今回ばかりはと思いなんとか続けてきました。しかし、昨日どうにも我慢できずに新たな手を打ってしまいました。

 Search Consoleで問題発生 

 知識のない私なりに、何がいけないのか考えてみると、Google Search Console審査を依頼したページのプロパティでサイトマップコンテンツで送信したサイト数が5と極端に少なく、インデックスに登録済みのページ数は0となっていまいた。まず、これが悪いのかもと思い、再度サイトマップを送付しました。その結果、サイトの数が実状に近い値になり、インデックスに登録済みのページ数も同じように増えました。しかし、本題のGoogleアドセンスの方には動きがありません

 次に、同じくSearch Consoleの検索アナリティクスのクリック数が0というのに注目しました。これについては、ドメインでなくホームページのアドレスで登録してあったので増えないのではないかと思い、ドメインのプロパティを追加することとしました。しかしここで、問題が発生。Search Consoleのプロパティにドメインを登録することができないのです。登録できない理由として、このドメインのページを所有者として確認できないということでした。全ての確認方法を試してみましたが、どれも確認することができませんでした。エラーの詳細を確認してみると、ページが存在しないということでしたが、ついさっきもブログを更新したばかりなのになぜ?。試しに、URLをサファリに入力してみると、ページが出てきません。???。

 最初の依頼はドメインを取得していませんでした 

 よくよく考えてみると、以前のブログにも書きましたが、アドセンスに依頼する時はドメインを取得していないといけないということを知らずに申請をしていました。そのことを知って、慌てて無料で使っていたwixをアップグレードしてドメイン取得をし、アドセンスに再審査の依頼をしたという経緯がありました。なので、Search Consoleに登録しようとしてもダメだったのです。

 複数のアカウントでは申請できません 

 もしかして、これが審査が進まない理由ではないかと思い、取得したドメインの方で再審査をしようと思いました。しかし、現在のアカウントでは再申請できないので、予備で採っているメールアドレスで新たにアカウントを取得して、新しいドメインのURLでアドセンスに申請しました。

 すると今までとは違い、いきなり広告コードを貼り付けてくださいと管理ページに書かれていました。どうやら、1時審査は飛び越したようです。管理ページの上の部分には、赤字でHost Accountと書かれていませんし、審査中ですの文字も記載されているので、やっぱりこれが原因だったんだと思い、ワクワクして寝ることとしました。

 夜中の2時30分に目が覚めてしまったので、iPad miniを寝床で触っているとGoogleよりメールがきました。審査通過か?と思いメールを開いてみると、今回の申請は、現在審査中のページと同じページなので、他のアカウントから申請することはできませんというようなことが書かれていました。こんな夜中にメールがくるくらいですが、システムが送ってきたメールのようでした。

 もう我慢もできないので、審査中のアカウントを削除して、今回新たに申請した方を再審査依頼することとしました。実は、このアカウントには思い入れがあったので、どうにかしてこのアカウントで審査を通過したかったのですが、審査が通らなければ仕方がありません。

 今朝、この再審査の依頼をしました。管理ページにはちゃんと審査中の文字が書かれていますので、前回のようなことはないようです。今度こそは無事審査が通るのではないかと、期待して待つこととします。

<追 記>

 その日の夕方に過去のブログを調べる為にHPを見ていると右上に広告が表示されていました。もしかして、これは審査を通過したのかと思い管理ページをに行ってみると、まだ審査中と書かれています。しかし、審査通過は近いのではないでしょうか。

#Googleアドセンス

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが