Googleマップにサンタ村が出現


 昨日に引き続きGoogleの話題です。


Googleマップ

iPhoneGoogleマップが行った12月13日のアップデートで「世界100万カ所以上で、人気のある時間を確認できるようになりました。」という機能が追加がされました。

 この機能はYahoo!地図で実装されていましたが、初めのうち面白半分で見ていただけでした。


Yahoo!地図

それが、Googleマップにもついに装備されましたということは、要望が高いのでしょうね。

 以前連休に、義父たちが旅行で姫路城を見に行った時、Yahoo!地図混雑レーダーで確認してみると、少ないほうから2つ目の色の混雑具合でした。混んでなくて良かったなと思っていましたら、義父たちが帰って、旅の話を聞いてみると大変な混みようだったということでした。なので、参考程度にしかならないとお思います。

 では、Googleマップではどうかというと、いろいろ調べてみたのですが、すいませんよくわかりません。以前から店舗情報などの詳細画面に混雑状況をグラフ表示してはいました。もしかして、このデータの表示できる施設が増えたということなのでしょうか?

 この機能を確認しようと、Googleマップをいろいろと見てみると地図表示でも新しくなっているのに気がつきました。それは、百貨店やショッピングモールを表示すると、各階の店舗を表示してくようになっています。やっとAppleのマップが追いついたかと思っていましたが、またまた離されてしまったようです。


Googleマップ

やっと本題ですが、Googleマップ設定項目をタップすると一番下に”サンタ村”という文字が現れています。この文字をタップするとサンタ村の画面が表示されます。地図アプリなので、サンタの居場所を追いかけるソフトかと思ったら、残念ながらその機能はAndroid携帯向けのみということでiPhoneでは確認することができようですが、アドベントカレンダーのように毎日1つずつ解放されるゲームなどを楽しむことができます。


Googleマップ

 もし、iPhoneサンタの居場所を追いかけたいと思ったら、あの有名な北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が”NORAD Tracks Santa"というアプリがあるのでそちらをインストールしてみてはいかかでしょうか。初期設定では英語ですが、右上の言語設定ボタンで日本語を選択することができます。ちなみに気なるサンタの出発時間は、Googleマップは24日の午後7時、NORADは24日の午後5時ぐらいにみなさんのお家へ出発するようです。

 楽しいクリスマスまであと少し、プレゼントを何にしようかと子供は頭を悩ましていますが、楽しそうです。

#iPhone #お勧めアプリ #ナビゲーション

3回の閲覧