iOS14で騒がれている”背面トントン”で便利なのはショートカット!

 iOS14がリリースされて新しい機能のレビューをたくさん目にするようになりました。中でも、iPhoneの背面とトントンとする機能のレビューは色々と目にしますが、私が思う便利な設定はショートカット。


色々設定できる背面タップ

 設定項目は、Appスイッチャーやコントロールセンター、スクリーンショット、簡易アクセスや下にスクロールまで、色々な設定が用意されています。


 しかし、私が設定しているのは、最後の方にあるショートカットです。

 以前ご紹介しましたが、仕事柄アップル関係の情報を得るため、決まったHPを頻繁に見ています。これらのHPを一度に見ることのできるショットカットを作っているので、ワンタップで複数のHPを開くことができます。なので、開くことは面倒ではないのですが、そのショートカットをタップするのが面倒だったのです。


便利なウィジェット画面

 作ったショートカットはホーム画面に置くことができますが、このHPを開くショートカットをホーム画面から開くと、なぜかショートカットアプリがまず開き、そのあとSafariがHPを開くのです。不要なアプリを立ち上げっぱなしにしておくのが嫌いなので、面倒ですが、ホーム画面にショートカットをおくことは諦めて、一番左のウィジェット画面にショートカットを置いています。


 ウィジェットからショートカットをタップするとショートカットアプリが起動することなくSafariでHPを開くことができます。


 しかし、ロック画面からなら左にスライドすればウィジェット画面ですが、ホーム画面だと場合によっては、2・3回スライドしなければウィジェット画面にたどり着けませんでした。これが、背面タップにショートカットを設定すれば、いつでも背面をトントンとするだけで、HPを見ることができるようになりました。


 よく使うショートカットを作っておられる方は、ぜひ背面タップにショートカット設定してみてはいかがでしょうか。本当に便利になりますよ。


#iPhone #べんりな使い方 #ショートカット

269回の閲覧

最新記事

すべて表示