iPadはパソコンのかわりになる?

 最近、「iPadはパソコンの代わりになりますか?」と聞かれることがあります。今のiPadは、iPad miniを除くと全てのiPadで純正のスマートキーボードが使えるようになっています。iPad miniも社外品の物をBluetoothで接続することができます。

便利さを再認識

 当然、インターネットやメール、エクセルなども使う事はできるので、パソコンと同じようなことはできます。

 しかし、パソコンからiPadに変えてみて初めに思ったのは、パソコンのトラックパッドの使い勝手の良さです。iPadを机に置いてインターネットをしていると、タップする際当然ですが腕を上げなければなりません。YouTubeを見ていて、早送りをする時も同じです。MacBookなら、トラックパッドの上で指を動かすだけで済むのです。この便利さに改めて感動しました。

インターネットやYouTubeなら

 この便利さには及びませんが、この不便さを解消してくれるのがApple Pencilです。これなら、操作するたびに重たい腕を持ち上げる事はなくなります。また、iPadOSになってから、アクセシビリティの機能としてマウスを使うこともできるようになりました。

 これらのツールを使う事で、インターネットやYouTubeなどは、かなり使いやすくなりパソコンの代わりとして使うことができるでしょう。


ブロガーには…

しかし、私のように文字を多く打つ人は、iPadの文字入力の使いづらい事に、すぐ気がつくはずです。 Macの日本語入力は素晴らしく、一昔みたいに文字変換の際にスペースバーを押す必要がないのです。ただただ、文字を入力していれば、前後の文から正確な文字変換をしてくれます。これに慣れるとiPadの、いちいち変換候補から選ぶことが煩わしくてたまりません。文字入力せずに、賢くなった音声入力の方が早いのではないかと思うくらいです。


結 論

 インターネットやYouTubeだけならiPad、テキスト文書をたくさん入力するなら Macの方が使いやすいと思います。

 iPadOSの進化を見れば、 Macがなくても良い時代がすぐ来るような気がします。早く来ないかな〜。

#iPad #Mac #べんりな使い方

20回の閲覧

最新記事

すべて表示