iPhoneでメールを自動で転送する方法


 Amazonなどネットショッピングで購入した物の出荷連絡やクレジットカードなどの請求連絡など家族で共有しておきたいメールが多いですが、それらのメールをいちいち転送するのが面倒だと思っていました。

 Macを使っている人は、メールのルール設定をしておけば、Macのメールアプリがやってくれます。しかし、最近はiPhoneでメール確認することが多いので、Macのメールを開くことがなく、このルール設定が実行されません。

 ということで他の方法を調べてみると@icloud.comのメールアドレスを使っていれば、Appleのicloud.comでできることがわかりました。

 その方法は、パソコンのブラウザでicloud.comへアクセスします。


 アプリケーションのメールを選択し、画面左下の歯車をクリックして、ルールを選択。


 ルール選択をタップして、送信元と送信先のアドレスを入力したら完了。


 これで、何もしなくても自動的に指定したアドレスに転送してくれます。

 決まったルールがあるようでしたら、簡単な設定でできるので是非挑戦してみてください。

#iPhone #便利な使い方

140回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが