iPhoneパブリックベーターの復元方法

 iPhoneのパブリックベータープログラムは、いち早く新しいOSに触れることができる素晴らしい制度ですが、何かあった時の復元をすることができません。

 復元すると、その時の最新OSがインストールされますが、パブリックベーターはそれよりも新しいバージョンのことがほとんどです。そうなると、新しいバージョンで保存したバックアップデータは、古いバージョンのOSには復元することができないのです。


 メジャーアップデートのときは、新しい機能を人より早く使い始めることができるメリットがありますが、時が経てば不具合の修正がほとんどで、パブリックベーターをインストールしているメリットなど殆どありません。

 なら、復元ができないパブリックベーターには早く見切りをつけて、正規のOSに戻してしまいましょう。


方 法

 方法は簡単。設定の中の一般にあるパブリックベーターのプロファイルを削除して、正規のアップデートを待つだけ。

 これで、普通のOSに戻ったので、何かあっても復元することができます。


 新し物好きで、パブリックベーターをインストールした人は、そろそろ戻しても良い頃合いだと思いますよ。


#iPhone #パブリックベータ #べんりな使い方

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが