iPhone Xのガラスフィルム貼りのコツ


 時期iPhoneの情報が頻繁に出ている時期にも関わらず、遅ればせながらiPhone Xに機種変更をしました。SoftBankから機種変更だけに使えるポイントを20000ポイントもらえるということで、時期iPhoneもきになるところでしたが仕方なく。

 Apple関係の仕事をしている私にとっては、毎日手にとっているので、それほど新鮮さはないのですが、Face IDは素晴らしい!前使っていたiPhone6SのTouch IDは認識されずにパスコードを入力することが多かったですが、Face IDは失敗することか、ほとんどないのです。これだけでも、ストレスが減ります。


 さで、前置きが長くなりましたが、ガラスフィルム貼り方のコツです。 今までのiPhoneでは、上部の耳を当てるスピーカー部分と下のホームボタンで位置あわせができました。また、貼り付けるときには画面を消して作業をしているとおもいますが、目印のないiPhone Xは逆に画面つけっぱなしにして、画面の枠を目印にしてやると位置合わせがしやすいです。


 今回使ったカラスフイルムは、ダイソーのガラスフィルム。今まで、3000円もする。ガラスフィルムを使っていましたが、ダイソーのガラスフィルムで十分ですね。ブルーライトカットのものにしましたが、太陽の光の当たり具合で画面が若干青くなりますので、ブルーライトが、気にならないようなら、普通の物をお勧めします。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが