iPhone Xの知らなくてもいいけど、知っていると便利な機能

最終更新: 2019年1月18日

 iPhone Xになってホームボタンがなくなり、その結果操作方法が変わりました。iPhone Xが出てから1年以上経ったので、知っている人も多くなりましたが、まだわからない人もいたり、変わったことで難しくなったように感じる人も多いようです。

 しかし、新しい操作方法で覚えなければならないのは、たったの4つ。しかもそのうちの2つは使っていない人もいるので、必ず覚えなければならないのはたったの2つだけなのです。1つ目は、よく使っていたホームボタンを押していた操作は、画面下から上の方ヘスワイプ。ホームボタン2回押していた操作は、画面下から上の方へスワイプする指を画面真ん中辺で止める。必ず覚えなければならないのはこの2つ。

 残りの2つは、コントロールセンターの出し方。 iPhone X以前では画面下から上にスワイプすると出てきていましたが、iPhone X以降では画面右上から下にスワイプ。残り1つは、Apple Payの方法。iPhone7から使えるようになりましたが、基本ホームボタンに指を乗せるだけでよかったのですが、 iPhone X以降の機種では電源ボタンを2回続けて押すようになりました。

 このように、難しそうに思っていた操作方法は、意外と2つから4つ覚えれば良いだけなのでした。


 さて、遅くなりましたが本題の話。この機能知らなくても大丈夫なのですが、アプリをたくさんインストールしていて、かつ一番左の画面のウィジェットをよく使う人は、是非とも覚えておくと便利な機能です。

 それはホーム画面を表示しているときに、画面下から上にスワイプします。そうすると、どの画面にいてもウィジェットの手前の左の画面に映ることが出来るのです。

 紹介した私自体も忘れてしまうくらいの便利機能ですが、覚えておくと便利ですので使ってみてください。

#iPhone #便利な使い方 #OS

9回の閲覧

最新記事

すべて表示