Macのセーフモード(ブート)で空容量を確保


 最近、使っているMacのSafariが調子悪い。

 私のMacが、2010MidMacBook Proということもあり、動きが重たくなってきているというのも原因の一つと思われるが、先日は使っている最中にいきなり電源が落ちて再起動を始めてしまった。

 最新OSのEl Capitanでは、勝手にディスクユーティリティのFirst Aidを実行してくれるようになったので、OSをアプデートしてから一度も行っていない。

 しかし、何も手を施さないわけにはいかないので、久しぶりにセーフモードを実行してみることにした。

 セーフモードの方法は、アップルのホームページに記載されているが下記の通り。


 結果としては、まだ数日しか使っていないが落ちることはない

 動きがいくらか良くなるかと期待したが、こちらは実行前と変わらず

 しかし、思わぬ副産物が。HDの空き容量が5G強増えたのである。

 上記のAppleのページでは、様々なキャッシュが削除されると記載があるので、これにより容量が増えたと思われる。HDの空容量に悩んでいた私にとっては嬉しい出来事であった。

 近々には、新しくMacBook Proが発表されるとの噂もあるので、その登場を楽しみ待つこととしよう。

#Mac #便利な使い方 #OS

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが