WWDC2015 Apple Music発表


 WWDC2015でいろいろな発表がありました。私もストーリミーング放送を見るために起きていましたが、1時間ほどで寝落ちしてしまいました。いつも4時過ぎには目が醒めるので、この2〜3時という時間帯は、こんな私でも寝ている時間です。

 話は戻して、一番の話題はApple Musicでしたが、最後の最後に発表されました。先日のブログに書きました”AWA”、そして話題となっている”LINE MUSIC”と使う側にとっては選択肢が増えるということは嬉しい話題です。Apple Musicのサービス開始は6月30日となっているようですが、日本でも同じ日に開始してもらいたいです。”AWA”と同じく3ヶ月は無料で使えるそうですから。

 MacOS・iOSともアップデートの発表もあり、Safariやメールなどを始めいろいろな機能が紹介され早く使いたいという気持ちでいっぱいですが、私にとって嬉しかったのはiPadのマルチタスク対応とSiriの多機能化。

 iPhone6Plusが出て以来、webではiPadの使用がへったなどの記事を多く見られましたが、私はiPad派でした。なんといっても画面が大きいのが魅力ですし、ジェスチャでの操作に慣れていますのでこちらを使っています。iPad miniならパンツの後ろポケットに入りますので、外出するときもiPad miniを持って出るくらいです。

 このiPadがマルチタスクになるということは、アプリを切り替えることなく操作できるといのは便利でしょうね。デモを見ているだけでもワクワクします。ただしマルチタスクはiPad Air以降、画面分割はiPad Air2のみだそうです。残念。

 また、Siriはよく使う機能です。天気予報を見るより頻繁に使っています。アプリを立ち上げたり、音楽をかけたり、メールを送ったりと本当によく働いてくれます。電源に挿していれば”Hey Siri”と話しかけるだけで対応してくれます。

 特に外出するときには重宝しています。先ほども書きましたが外出先でもiPad miniを持って行きますが、出先でiPad miniをポケットから出して操作するのはちょっと抵抗があるのです。マニアとかオタクとか思われそうで。

 そんなときにSiriです。iPad miniにイヤフォンを挿しておけばマイクでSiriが使えるのです。ただし大きな声は恥ずかしいので、マイクの部分を口に近づけて話しかけます。これで、iPad miniをポケットから出すことなく音楽やラジオ・メールの確認までできるのです。このSiriがどんどん賢くなるのは嬉しい限りです。

どちらのOSも秋には使えるようになるので、それまではお試し期間中の"Apple MUSIC"で楽しみましょう。


WWDC2015

#Mac #ミュージック #iPhone

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

アプリのトラッキングの透明性に異を唱える企業に異を唱える

アップルがiOS14.5から始めたアプリトラッキングの透性について、いろいろな企業から批判が起こっているようである。 GoogleやFacebookを初め広告で収入を得ている企業は、広告収入に影響が出ると言われているので当然のことである。ある記事によるとiOS14.5の設定で「トラッキングを拒否する人は65%に及ぶ」と言っている企業があるという記事を読んだことがある。 この記事を読んで思ったことが